戻り


世界で二番目の男

不思議な夜

娘 続編

お墓参り

ジョギング

心霊写真

山の怪

火の玉

狸囃子

老犬

あぜ道

謎のおじさん

監視所

旧天城トンネル

すりガラス

お稲荷さん

新居

冷川峠

一杯会

海水浴

亀石峠

カーブミラー

カミナリさま

懐中電灯

燃料タンク

錦が浦

お化けだよ 

たぬき

葬式

宇佐美峠

見知らぬ町並み





へ戻る









33話



Package 10

Package 9

Package 8

Package 7

Package 6

Package 5

Package 4

Package 3

Package 2

Package 1

不思議話へ戻る


娘 続編

 


私の  が幼稚園に入って1年目のある冬の日の事です。

22:00頃帰宅し、妻と2人で居間でテレビを見ていました。娘は、既に眠っています。

「ギャーッ、おかあさーん」

物凄い声で泣き叫んでいます。
何事が起こったと思い寝室へ行きました。娘は、以前の要に熱にうなされているわけでは有りません。娘は天井を見ています。

「リモコン持ってきてー!早く−!」

と何度も叫びます。リモコンとはTVのリモコンのことです。

「どうしたの?」

と聞いても、天井を見ながら、

「リモコン持ってきてー!リモコン持ってきてー!」

と泣き叫ぶだけです。

「おーい。テレビのリモコン持ってきてくれ」

妻が、テレビのリモコンを持ってきました。
それを娘に渡すと手に持ったリモコンを天井に向けてON/OFFのスイッチを カチカチ 押します。
その時、暗い天井の一角から丁度昔のテレビが切れるときの様に スーと縦の線の様な光が走ったかと思う間もなく小さな光の点になり一瞬で消えて行きました。

その光景は、はっきり私は目撃しました。

「今の見た?」

妻に問いかけましたが、気が付かなかった様です。娘に、

「テレビ消えたね、何が映ってたの?」
「お化けが映ってて、テレビから出ようとしてた」

等の事を私に告げると安心したかの様に眠ってしまいました。

テレビのリモコンを握りしめたまま。

今見た事を妻に告げますが、取り合ってくれません。家は、新築です。何も因縁めいた話しもありません。

私は、お化けこそ見ませんでしたが、あのテレビが消える様な光の光景は確かに目撃しました。

寝室には、今、近くの神社から貰った木のお札をお祭りしています。これがどの位の効力を発揮してくれるか分かりませんが大事にならないように祈るばかりです。

今思うに、娘が幼稚園入園前の熱が出た日から何かが起きていたのかもしれません。